月刊江戸楽ロゴ
月刊江戸楽特集
月刊江戸楽特集

賑やかな喚声が聴こえてきそうなこちらの浮世絵は、江戸時代の端午の節句の一幕。
子ども達は、編み込んだ菖蒲の葉を地面に叩きつけ、その音の大きさを競う「菖蒲打ち」に夢中だ。
鯉のぼりに吹き流し、鎧・兜など、現代の私達にもお馴染みの節句飾りも描かれている。
いつの時代も、子どもの健やかな成長を願う親の気持ちは変わらない。
五月五日がなぜ端午の節句として祝われるようになったのか。
またそれぞれの節句飾りはどのようにして生まれたのか。現代の端午の節句の風景と共に見ていきたい。
薫風さわやかな五月。今年の「子どもの日」を前に、
江戸っ子も楽しんだ端午の節句について、改めて見つめてみたい。

今月の新刊
バックナンバーはこちら
資料媒体ダウンロード
プレゼントの応募
プレゼントの応募
江戸楽スタッフブログ
月刊はかた
九州王国
誌面を通じて私たちが提案するのは、
江戸から学び現代に活かすことができ「21世紀の日本人のライフスタイルです。
遊び心と美があふれる「江戸」の伝統と文化。今の私たちの生活が江戸にあると言っても過言ではないでしょう。江戸にまつわる様々なエッセンスを紹介するだけでなく、「国際性」「教育」「環境」といった視点を”縦糸”に、そして衣食住といった身近な話題を“横糸”に、二つの糸が織りなす雑誌を目指します。
 

執筆陣

松平定知

松平 定知
NHKのキャスターとして長年活躍。1944年生まれの東京育ち。1969年、早稲田大学を卒業と同時にアナウンサーとしてNHK入局。テレビの朝と夜の「7時のテレビニュース」や「その時歴史が動いた」キャスター、その他数多くのNHKスペシャルを担当。

高橋英樹

高橋 英樹
1944年、千葉県生まれ。17歳で日活ニューフェイス5期生として、 「高原児」でデビュー。テレビでは、「桃太郎侍」「三匹が斬る!」 など、多くの代表作を持ち、時代劇スターとしての地位を確立してい る。自他ともに認める歴史マニアでもある。

大石学

大石 学
1953年東京都生まれ。1976年東京学芸大学卒業、1978年同大学院修士課程修了、1983年筑波大学大学院博士課程単位取得。1987年名城大学講師、助教授、1997年東京学芸大学助教授、教授、副学長をへて、現在東京学芸大学名誉教授、独立行政法人日本芸術文化振興会監事、日本近世史専攻。

桂 右團治
兵庫県神戸市出身。早稲田大学法学部に在学中の1986年11月、十代目桂文治に入門して「小文」に。2000年5月、初代「右團治」の名で落語芸術協会女性初の真打ちに昇進。英語落語や映画の江戸弁指導に参加するなど、幅広く活躍する女性落語家の先駆け的存在。

定期購読について

郵便振込でのお申し込み
郵便振込用紙に住所、氏名、電話番号、開始月号、 期間『6か月』または『1年』と記入し、下記郵便口座にお振込み下さい。
《口座番号》00180-5-773617
《加入者名》エー・アール・ティ株式会社
《金額》1年/ 7,000円

*他金融機関からの振込みを利用する際は、次の内容をご指定ください。
《店番》019
《預金種目》当座預金
《口座番号》0773617


インターネットでのお申込み
こちらから fujisan.co.jp (銀行振込、クレジット・コンビニ決済)

英語版

「江戸を知れば、東京はもっと楽しい」を世界へ。日本人が大切にする四季折々の行事、衣食住の知恵...。歴史を紐解けば、また違った日本の姿が見えてくるはず。
東京がまだ「江戸」だった頃より受け継がれてきた日本人の感性を、より多くの人に知ってもらいたい。日本に在住する外国人の方や旅行で滞在中の方にも楽しんでいただけるよう、月刊『江戸楽』でご紹介してきた情報を、わかりやすくお届けします。

持ち運びやすい A5版 全32ページ
年4回発行 都内の各加盟店・加盟企業・加盟ホテル・一部観光案内所でお手に取れます。

加盟店一覧
日本料理
割烹 嶋村 割烹 日本橋とよだ 江戸懐石 若福
銀座 ささ花 ぎんざ 姿 紀尾井町 福田家
料亭 千代田 水たき 玄海本店 割烹松村
割烹とんぼ 江戸料理 櫻田 赤坂とだ
料理屋 とき彩 日本料理 穂の花 はち巻岡田
ふるとり GINZA KUKI 日本橋だし場はなれ
藤山 築地寿司岩 利久庵
総本家 更科堀井 かんだやぶそば 京都鴨そば専門店浹(あまね)
雷門満留賀 川むら 手打ちそば・うどん深川 萬寿庵
神宮の蕎麦 鰻 いづもや 川松
川千家 鰻割烹 伊豆榮本店 鰻 駒形 前川 本店
神田明神下 喜川 御座敷天婦羅 天孝 人形町 さのや
銀座 鳥繁 浅草花川戸 鮒忠 玉ひで
各国料理レストラン
たいめいけん ENEKO Tokyo 黒船亭
ビヤホール ランチョン 銀座スイス 門洋菓子店
中国料理 古月
味の逸品
相模屋平助商店 鈴木酒販 神田店 千年こうじや 神楽坂店
豊島屋本店 山本海苔店 土橋園
にんべん 日本橋本店 日本橋 弁松総本店 四谷 八竹
榮太樓總本鋪 ちくま味噌 国分株式会社
日本橋人形町 浜の院 東あられ本鋪 神田淡平
王様堂本店 常盤堂 雷おこし本舗 ゆしま花月
みずの 新正堂 文明堂 日本橋本店
銀座 木村家 不二家 飯田橋神楽坂店 伊勢五
金のいぶき
装い
株式会社竺仙 伊場仙 豆銀や
めがね工房カムロ メガネ パリミキ 日本橋本店 光澤堂眼鏡店
金鳳堂 自由が丘 飯尾眼鏡店 東京メガネ
EDO COAT SARTO 小宮商店
前原光榮商店 髙久 Alt81
趣味・生活
銀座マツナガ ドゥクラス 真多呂人形 人形師 原孝洲
幸一光 花藤 銀座十字屋 銀座サロン
山野楽器 SEION トーホク
合羽橋 かまた刃研社 日本ベッド製造株式会社 オゼキ
目黒花森 香老舗 松栄堂人形町店 漆器 山田平安堂
播与天然漆金継ぎ教室 すみだ江戸切子館 江戸硝子中金
京はし満津金 山櫻 泰山堂
伝統工芸あとう仏壇製作 恵比寿堂ギャラリー 松森美術
桃青 富士鳥居 大貴洞
大塚 関釣具店 株式会社 清心丹 薬石花房 幸福薬局
ウエルシアホールディングス 紫山堂 三浦屋
品川 船清 YWCAフィットネスワオ 丸の内ソレイユ法律事務所
久松商事 東京大神宮 神田明神(神田神社)
日本橋髙島屋 日本橋三越本店
ホテル・旅館
東京イーストサイドホテル 櫂会 ホテル ザ セレスティン東京芝 お茶の水ホテルジュラク
三井ガーデンホテル京橋 三井ガーデンホテル五反田 三井ガーデンホテル大手町
三井ガーデンホテル六本木 ホテル龍名館東京 ホテルかずさや
劇場・ホール・博物館
紀尾井ホール 国立劇場(日本芸術文化振興会) ガスミュージアム
セイコーミュージアム

月刊江戸楽編集部
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町2-1 130ビル
tel 03-5614-6600 fax 03-5614-6602 edogaku@a-r-t.co.jp